空飛ぶイルカ

scroll

今、必要な災害対策DXとは?

地震、津波、大雨など今後更なる
自然災害の激化が懸念される日本。

特に過去の災害では、
情報収集・把握・伝達の遅れから
甚大な被害をもたらした事例が
数多くあります。

テラ・ラボは
デジタルテクノロジーの力で
この課題を解決し、災害に強い
豊かなまちづくりを目指します。

MOVIE
「空飛ぶイルカ」

空飛ぶイルカ 空撮

STORY

舞台は東北の架空地域X市。
ある日、線状降水帯に伴う
集中豪雨警報が発令され
行政機関は地域住民の
安全を確保するために奔走する。

しかし、突然の断続的な雨によって
被害状況の把握が困難となり
現場には焦りが募っていた。

地域を想う若き職員たちと
災害から人々を救いたいと願う
テラ・ラボ技術者による
ヒューマンドラマです。

テラ・ラボの
災害時ワンストップ事業内容

空飛ぶイルカで描かれた
テラ・ラボと自治体の連携。
実際に大規模災害が発生した場合、
以下の流れをワンストップで行います。

1

情報統制CONTROL

災害発生直後、オペレーターが中心となり、
情報のトリアージを実施します。

大規模災害発生の直後(予想できる場合は事前に)、コマンダーの指示のもと、衛星など気象情報、報道情報、SNS情報などオペレーターが中心となり情報のトリアージを行います。

情報統制

同時に、フライト・飛行情報収集オペレーターが飛行計画を立て、安全が確保でき次第、無人航空機を遠隔制御をしながら被災エリアに向けて飛行します。(現在、実証実験中)

2

情報収集RESEARCH

被災状況を空からスキャン。人が立ち
入れない危険な場所も飛行可能です。

特殊な機材を使って、被災状況を空からスキャンします。
(地形をレーザーで照射、もしくは数百枚以上の高精度静止画を撮影)
テラ・ラボは今後、有事のみならず、平時から無人航空機を用いた上空からの写真やレーザー照射による測量(データ収集)・記録を行なっていきます。

情報収集

無人航空機を使った測量は、少ない人員で広域な情報収集を可能とするため、時間とコストが抑えられるほか、人が立ち入れない場所や危険な場所なども飛行できるため測量の範囲が広がります。(現在、実証実験中)

3

情報解析ANALYSIS

3次元モデルになった地図を作成。被災前の
地図と比較し、災害状況を把握します。

無人航空機は点群データで地形情報を保存できるため、3次元モデルがスムーズに作成できます。建物などの起伏情報と地面情報を解析し、オルソ画像(真上からみた平面図)を重ね合わせることで、3次元モデルになった1枚の地図が出来上がります。

情報解析

これを共通状況図(COP=common operational picture)といい、被災前と被災直後をCOPで比較することで、災害発生時の初動(捜索や救助)や意思決定に役立ちます。
解析したデータは土砂の堆積量や浸水している場所も一目で分かることが期待できるため、二次災害の予測も立てやすくなります。(現在、実証実験中)

4

情報提供PROVIDE

解析データをもとに、災害対策本部や関係機関へ
リモート会議で情報共有します。

管制室より送信された映像や解析データを危機対策室を通じて、災害対策本部や関係機関とリモート会議を行い情報共有を行います。無人航空機を活用しているため、地上からの情報収集が困難であっても迅速に上空から被災情報を収集・発信できるほか、データ解析も同時に行なっていくため、一刻を争う大規模災害時に有効な情報をいち早く提供することができます。

情報提供

また今後、テラ・ラボの災害対策情報支援システム「テラ・クラウド」を利用する企業・団体には、ヒアリングしながらそれぞれのオリジナルコンテンツを作成し、独自の解析データなどの情報も配信します。(現在、実証実験中)

1

情報統制CONTROL

2

情報収集RESEARCH

3

情報解析ANALYSIS

4

情報提供PROVIDE

災害発生直後、オペレーターが中心となり、
情報のトリアージを実施します。

大規模災害発生の直後(予想できる場合は事前に)、コマンダーの指示のもと、衛星など気象情報、報道情報、SNS情報などオペレーターが中心となり情報のトリアージを行います。

情報統制

同時に、フライト・飛行情報収集オペレーターが飛行計画を立て、安全が確保でき次第、無人航空機を遠隔制御をしながら被災エリアに向けて飛行します。(現在、実証実験中)

被災状況を空からスキャン。人が立ち
入れない危険な場所も飛行可能です。

特殊な機材を使って、被災状況を空からスキャンします。
(地形をレーザーで照射、もしくは数百枚以上の高精度静止画を撮影)
テラ・ラボは今後、有事のみならず、平時から無人航空機を用いた上空からの写真やレーザー照射による測量(データ収集)・記録を行なっていきます。

情報収集

無人航空機を使った測量は、少ない人員で広域な情報収集を可能とするため、時間とコストが抑えられるほか、人が立ち入れない場所や危険な場所なども飛行できるため測量の範囲が広がります。(現在、実証実験中)

3次元モデルになった地図を作成。被災前の
地図と比較し、災害状況を把握します。

無人航空機は点群データで地形情報を保存できるため、3次元モデルがスムーズに作成できます。建物などの起伏情報と地面情報を解析し、オルソ画像(真上からみた平面図)を重ね合わせることで、3次元モデルになった1枚の地図が出来上がります。

情報解析

これを共通状況図(COP=common operational picture)といい、被災前と被災直後をCOPで比較することで、災害発生時の初動(捜索や救助)や意思決定に役立ちます。
解析したデータは土砂の堆積量や浸水している場所も一目で分かることが期待できるため、二次災害の予測も立てやすくなります。(現在、実証実験中)

解析データを元に、
災害対策本部や関係機関へ
リモート会議で情報共有します。

管制室より送信された映像や解析データを危機対策室を通じて、災害対策本部や関係機関とリモート会議を行い情報共有を行います。無人航空機を活用しているため、地上からの情報収集が困難であっても迅速に上空から被災情報を収集・発信できるほか、データ解析も同時に行なっていくため、一刻を争う大規模災害時に有効な情報をいち早く提供することができます。

情報提供

また今後、テラ・ラボの災害対策情報支援システム「テラ・クラウド」を利用する企業・団体には、ヒアリングしながらそれぞれのオリジナルコンテンツを作成し、独自の解析データなどの情報も配信します。(現在、実証実験中)

空飛ぶイルカ
テラ・ドルフィンについて

TERRA Dolphin
4300

災害時に長距離かつ広域にわたって
情報収集できる機体です。

全長
2,900mm

LENGTH

全幅
4,300mm

WINGSPAN

全高(脚除く)
975mm

HEIGHT

最大速度
250km/h

MAX CRUISING SPEED

航続距離
1,000km

CRUISING DISTANCE

TERRA Dolphin
機体重量
20kg

WEIGHT

最大離陸重量
30kg

MAX TAKW OFF WEIGHT

積載量
10kg

PAYLOAD

航続時間
10 hours

CRUISING TIME

巡航速度
100km/h ~ 150km/h

CRUISING SPEED

最大高度
6,000m

MAX ALTITUDE

推進装置
Reciprocating Engine

EQUIPMENT

 
Hydrogen Fuel Cell
 
JET Engine
短距離(〜3km)
2,4GHz

SHORT RANGE

中距離(〜100km)
5,7GHz

MIDDLE RANGE

長距離
Satellite Communication

LONG RANGE

テラ・ラボの
災害対策情報支援システム
「テラ・クラウド」

各自治体などから依頼のあった
対象エリアを平時から広域に調査。
解析したデータ(3次元データや
平面地図など)を
クラウド上に
定期的に記録し、情報を共有。

土地の起伏や災害の発生しやすい
場所の変化を可視化することで、
事前にリスクを予測することが
できます。

テラ・クラウド
事例:都市の基盤データからテラ・ドルフィンが取得したデータを想定した被害現況図へのアニメーション
テラ・ラボは、
無人航空機を活用した
調査・解析から
クラウド管理まで
ワンストップで請け負い
企業・団体の
取り組みをサポートします。